初めてお越しくださった皆様へ、管理人よりご挨拶がございます。
TOP | NEXT

スポンサーサイト 

--年--月--日 (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--.--.--(--) --:--] スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
↑TOPへ

プレシーズンWeek1 Seahawks戦 

2011年08月13日 ()
最終的な結果は
SD 17 - 24 SEA
ですが、前半だけみると
SD 10 - 0 SEA
なわけで、これはレギュラー同士の戦いでは、圧倒していると見ていいのではと思いました。

第1Qだけぼんやりと観てましたが、今年のディフェンスは楽しそうですね。迫力ある。
一方のオフェンスは、相変わらずパスは脅威だけど、ランはまだまだ心配と、いかにもチャージャーズらしい感じです。

懸念のスペシャルチームは103ヤードのキックオフリターンTDをやってみせるなどいい面もありましたが、キックカバーはまだまだというところでしょうか。

ただ一番思ったのは、あぁ、アメフトいいなあ、であります。シーズンが始まったと実感しました。そしてアメフト好きだと再認識しました。

もう次の試合が待ちどおしいです。怪我する事なく開幕まで進めていっていただきたいです。





スポンサーサイト

[2011.08.13(Sat) 08:14] Chargers | Trackback(-) | Comments(0) 見る▼
↑TOPへ

明日はシアトルシーホークス戦 

2011年08月11日 ()
もうプレシーズン初戦か!

なのに、チャージャーズのデプスチャートが見当たらん!

今年もらしさ全開だね!!

[2011.08.11(Thu) 22:38] Chargers | Trackback(-) | Comments(0) 見る▼
↑TOPへ

2011 Draft 1巡 DL Corey Liuget 

2011年04月29日 ()
Cameron Jordanが残っていた状況で指名。DT Corey Liugetを選択しました。

Height:6'2"
Weight:298 lbs

4-3のDTですが、Chargersでは3-4のDEでの起用となるでしょう。そしてサイズ等を見ても、うまくフィットするのではないかと思います。

ただ、もう少し下でも獲れたんじゃないかなという気はします。

[2011.04.29(Fri) 12:40] Chargers | Trackback(-) | Comments(0) 見る▼
↑TOPへ

未練・或爺杯モックドラフト2011 Chargers War Room 

2011年04月18日 ()
未練・或爺杯モックドラフト。指名完了までを振り返ります。

全指名結果 http://avestc.blog79.fc2.com/blog-entry-3.html
チャットログ http://blog-imgs-47.fc2.com/a/v/e/avestc/Log20110416.txt

まずは、基本戦略から。ニーズはたくさんあるわけですが、1巡はDEしかないというのをベースにしていました。OLBはEnglishがいるじゃない。今年に期待したいと。

それを踏まえたドラフトボードはこちら。

1.Robert Quinn
2.J.J. Watt
3.Cameron Jordan
4.Cameron Heyward
5.Muhammad Wilkerson

トップがいきなりLBだが、これはチャンスがあればトレードアップして獲ろうというもの。そのため事前に10位WASとトレード交渉しておきました。

WattとJordanは18位までに獲る選手。どちらかが18位まで落ちてきたら、トレードすることなくすんなり指名。全体的にDEが多く指名され、どちらも消えそうな展開になった時に備え、12位MIN、13位DET、15位MIAとトレード交渉しておきました。

他のモックドラフトを見ていると、上の二人は17位までに消えてしまうパターンが多いです。うまく落ちてきても直前のJAC、NEで二人が消えてしまう。そうなった時に指名するのが、HeywardとWilkerson。ただ、18位での指名はリーチ気味と考え、トレードダウンして指名することが妥当という方針にしました。20位TBはSDとニーズが被っているので、「うちより先に指名できて美味しいでしょ」ともちかけました。22位IND、23位PHIには「OL指名が重なりそうなチームより先に指名できて美味しいでしょ」となります。19位NYG、21位KCもOLがニーズ。トレード交渉においてSDは非常にいい位置に指名権を持っているのです。

24位のNOはSDとニーズが重なるのでダウンしたとしても23位までと決めておきました。

想定シナリオはこんなところです。

ここからは当日の流れを振り返ります。

2位でいきなりトレード成立しましたが、SDにとっては大きな影響なし。5位ARIがQuinnを指名。この時点で10位へのトレードアップはなくなったと思えました。しかし、Quinn以上と見ているVon Millerが落ちるという予想外の展開。もし、10位まで落ちてきたらトレードアップして獲ろうと思いましたが、直前になってWASから「トレードダウンしてる場合じゃなくなった」と連絡が入りご破算。11位HOUの順番で12位MINからトレードの打診が。Millerが残れば成立させるつもりでしたがHOUが指名してしまったのでこちらも流れました。

こうなると、18位でのWatt、Jordan指名を待ちつつ、2人が消えた時点でトレードダウン交渉となります。しかし、それを待つことなくTBから急かされます。「事前交渉の件、今決めたいのだが。」と13位くらいの時に連絡が入りました。迷ったんですが、少なくともHeywardとWilkersonの両方が消えることはないだろうということと、もう一つ考えていた作戦実行のために了承しました。その作戦というのが『更なるトレードダウン』です。

IND、PHIとのトレードは素直にやってもいいのですが、TBから得た1巡と4巡を使うことで、6巡を失うことなくトレード成立させることができる計算となります。3巡の順番は多少落ちるが微々たるもの。二段階トレードダウンが一番お得なんですね。

この交渉をする余裕を得るために、TBとのトレードに早いタイミングで合意したというわけです。

しかし、その裏でも多くの動きがありました。トレード成立と一安心していたら、同時に2件のトレード成立。15位にPHIが上がってしまい、二段階トレードダウンの相手の一つが消えます。これは誤算でした。そして16位にはNOが上がります。これは同じようなニーズのJACと入れ替わっただけなので大きな影響はないと思いました。しかし、混乱ですよね。一番わたわたしてたのがこの時間帯です。しばらく考えて、指名動向を見ながら22位INDとのトレード交渉をする作戦に決まります。

16位のNOはRyan Kerriganを指名。これはラッキーでした。次のNEは予想通りWatt。注目のTBはAldon Smithを指名。これもラッキー。

この時点でINDに声をかけます。「さあ、20位まで上がる気はありますか?」と上から目線で交渉開始。同じくOTを狙うであろうKCの上に出れることを利用した交渉です。19位NYGもOT指名の可能性がありましたが、RBにいったためトレード成立。目的の二段階トレードダウンに成功しました。

20位INDはGabe Carimiを指名。21位KCも狙っていたようで、同地区ライバルいじめも実現。そのKCにいじめられないといいなと思ってましたが、指名はNT Phil Taylor。なんと18位で指名できればと思っていたCameron Jordanが22位でも指名できてしまうという幸運に恵まれました。

本当はさらに落としてもよかったんですが、流石に疲れたので指名しました。

今回の未練・或爺杯モックドラフト。自己採点は95点です。マイナス5点は23位までダウンすることができなかったことです。

現実のドラフトですが、今回のSDの位置は非常に美味しいです。対等な条件でのトレードアップ先は10位であり、HOUの前に出れます。トレードダウンについても、OTが欲しいチームがひしめき合っており、うまく条件を引き出すことが可能です。

物理的な人数が足りなくて多くの指名権が欲しいSDにとってはトレードダウンで指名権を増やしたいはず。その環境はかなり整っていると思います。A.J. Smithも今年は腕の見せ所でしょう。本番を楽しみにしたいと思います。


[2011.04.18(Mon) 10:10] Chargers | Trackback(-) | Comments(0) 見る▼
↑TOPへ

春の珍事 

2011年03月04日 ()
■Chargers sign Sanders(Chargers公式)
http://www.chargers.com/news/article-1/Chargers-sign-Sanders/b45d03df-4b80-4fe3-9070-867f7c5820b9


   〃∩ ∧_∧
   ⊂⌒(  ・ω・)    はいはいボブサンダース、ボブサンダース
     `ヽ_っ⌒/⌒c
        ⌒ ⌒


  ∧_∧
⊂(#・д・)  なななななんだとー!!!
 /   ノ∪
 し―-J |l| |
         人ベシッ!!
       __
       \  \
          ̄ ̄


慣れない大物FA選手獲得のためか、背筋が痛くなってきました。

[2011.03.04(Fri) 13:18] Chargers | Trackback(-) | Comments(3) 見る▼
↑TOPへ


COMMENT

by 通りすがりのコルツファン
大好きな選手でした。SDが強化されるのは困りますが、なんとか復活させてあげてください。

復活した際はコルツと当たるときだけインアクティブで。

by とおりすがりのJETS狂
なんと、SDですか!
ケガだけは何とかカンベンですね。

びっくり! by ぽっぽ
私もびっくり、とともに大喜びです。
リベラ以来のびっくりかな?

怪我しなければ大当たりだが、、、、
(というか、、AJのギャンブル好き再発?)


コメントを閉じる▲

ポジション展望:ILB編 

2011年02月14日 ()
Inside Linebacker


54 Stephen CooperU
12試合出場(先発11)43タックル 1.0サック 1Int 2FF

99 Kevin BurnettU
16試合出場(先発16)95タックル 6.0サック 2Int 2FF

59 Brandon SilerR4
12試合出場(先発5)34タックル 1.0サック 1Int

49 Brandon MooreU
2試合出場(先発0)3タックル

51 Donald Butler13


58 Jeremy Leman11


42 Kion WilsonER
3試合出場(先発0) 5タックル 1FF

まず、Burnettがここまで数字を残しているとは思いませんでした。どうしてもCooperさんのほうがイメージ強いですからね。そのCooperさんは怪我の影響もあり、昨シーズンから大きく数字を落とす結果に。代わりに出場したSilerを含めた3人がUFAになる可能性があるという状況であります。SilerはRFAの可能性もありますが、少なくともCooperさん、Burnettとは残留を望む場合交渉が必要となります。二人とも残すのは厳しいかどうか。チームがどのように動くかが楽しみです。

契約が残っているのが、ButlerとLeman。去年のドラフト3巡指名のButlerは怪我でシーズンを棒に振りました。まずは怪我をしないよう、開幕まで調整をしてもらうしかありません。

現状では、物理的な人数が足りず再契約なり、FAなり、ドラフトなりで追加しなくてはいけないポジションです。まずはFA選手の動向ですが、CBAがまとまらなく先にドラフトが開催されるようですと、非常に難しい状況になりそうです。

[2011.02.14(Mon) 14:38] Chargers | Trackback(-) | Comments(0) 見る▼
↑TOPへ

TOP | NEXT

 ■CALENDAR  

 ■Category  

 ■Archive  

 ■Comment  

 ■Trackback  

 ■Search  

 ■RSS  

 ■LINK LIST  

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。