初めてお越しくださった皆様へ、管理人よりご挨拶がございます。
TOP

スポンサーサイト 

--年--月--日 (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--.--.--(--) --:--] スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
↑TOPへ

【ドーフィネ・スイス】この時期はレース盛りだくさん 

2008年06月16日 ()
気がついたら、ドーフィネが終わってスイスが始まってますよ!!追いきれませんよ!!

■ドーフィネはバルベルデが優勝
山頂ゴールではエバンスとライプハイマーの攻撃を受けながら、落ち着いて対処したバルベルデが総合優勝。ツールに向けて上々な仕上がりであります。

エバンスは珍しく攻撃に出ましたが及びませんでした。しかしやる気は十分ですね。ツールでは、リードを守る展開に持ち込んだ方が彼には会うのかもしれません。

■ツールドスイス開幕
土曜日の第1ステージは、登りもこなせるスプリンターのオスカル・フレイレがステージ優勝。

第2ステージの山頂ゴールを制したのはイゴール・アントン。総合がどう動くかはもう少し様子見であります。

■ツールドフランスのプロフィールが出ました
全ステージのプロフィール(高低図)が出ました。第1ステージからちょっとした登りゴールになっていたりしてスプリンターには厳しいですね。

全体をよく見てみると、TTが2ステージしかなくてしかも1つは距離が短いです。TTの強いオールラウンダーにも、純粋なクライマーにもチャンスがありそうな感じです。
スポンサーサイト

[2008.06.16(Mon) 12:23] ドーフィネリベレ2008Trackback(0) | Comments(0) 見る▼
↑TOPへ

【ドーフィネ2008】第3ステージ 

2008年06月12日 ()
■ツールに向けて好材料
31kmのタイムトライアルを制したのは、Alejandro Valverde (Caisse d'Epargne)。あまりTTに強いという印象は無いんですが、これはツールに向けていい結果だと思います。

■相変わらず「らしさ」全開
同じくツールに向けて調整中のCadel Evans (Silence-Lotto)は20秒差の3位。なかなかトップには立てないが実に無難な位置に付けてくる彼らしい結果です。こちらもツールに向けて順調。

■ツールに出られない分勝ちたい
ツールに招待されていないLevi Leipheimer (Astana)は19秒差で2位。この後の山岳ステージをしっかり走り総合優勝を狙いにくるでしょう。


[2008.06.12(Thu) 10:18] ドーフィネリベレ2008Trackback(0) | Comments(0) 見る▼
↑TOPへ

【ドーフィネ2008】第2ステージ 

2008年06月11日 ()
■スプリントと言ったら「High Road」になってきた
ジロでも勝ったAndre Greipelが残り15kmでパンク。集団復帰が困難になり今日はおしまいかと思われましたが、ゴール前700mでアタックしたSebastian Lang (Gerolsteiner)George Hincapieが追いかけ捉えるとそのままゴールへまっしぐら。スプリンターを差し置いて見事なステージ勝利。High Roadは相当調子がいいみたいです。

■今日は第3ステージでしかもTT
31kmの個人タイムトライアルですが、途中山岳ポイントが2つ設定されているなど普通に想像しているようなTTではないですね。大まかに書くと、前半は登りで後半は下りです。


[2008.06.11(Wed) 11:58] ドーフィネリベレ2008Trackback(0) | Comments(0) 見る▼
↑TOPへ

【ドーフィネ2008】プロローグ・第1ステージ 

2008年06月10日 ()
もう始まってしまいました。

■プロローグ
Levi Leipheimer (Astana)が1秒差で勝利。プロローグに強いThor Hushovd (Credit Agricole)は1秒に泣いて2位となりました。

Hushovdは次のステージで上位に入ればリーダージャージ獲得となりますね。

■第1ステージ
ゴール前は2%ほどの登りらしいんですが、それでもスプリンターの争いになるんじゃないのと思われたステージ。結果を見て驚きましたが、勝ったのはAlejandro Valverde (Caisse d'Epargne)。出場選手を見ても、これといったスプリンターが出ているわけでもないのでこういう結果も有りなんですが、Hushovdは何してますの?あ、2位でした。

その他総合を狙ってくるような選手がゴールスプリントに参加した模様。おぉ、すごいことになってるなあ。

総合リーダージャージはThor Hushovd (Credit Agricole)が獲得。


[2008.06.10(Tue) 10:24] ドーフィネリベレ2008Trackback(0) | Comments(0) 見る▼
↑TOPへ

【ドーフィネ】今年のコース 

2008年06月03日 ()
6月8日(日)に60回目のCriterium du Dauphine Libereが開幕します。実際の発音とは違うかもしれませんが、当ブログではこれ以降「ドーフィネ」と表記します。

さて、今日はコース全体を眺めて見たいと思いますが、このレースはフランスの南東部が舞台です。

続きを読む↓

■プロローグ 8日 5.6Km
ほぼ平坦なプロローグ。ただ今年のツールはプロローグが設定されてませんので、あまり参考にはなりません。

■第1ステージ 9日 194Km
細かい上り下りを繰り返すコース設定。山岳ポイントは4級が1つあるだけ。最後は若干登りながらのゴール。

■第2ステージ 10日 184Km
コースの最後に登りが続きますが、これもそんなに厳しくは無いはず。最後は下ってゴールです。

■第3ステージ 11日 個人タイムトライアル 31Km
だらーっと登ってだらーっと下る。ただし残り1Km地点が5%の登り。そんなに簡単なTTではなさそうです。

■第4ステージ 12日 193Km
1級山岳が設定されるなど、本格的な山岳ステージが登場。コース後半に登りが集中しています。

■第5ステージ 13日 125Km
中盤に3級、4級を超えて、もう一つ4級を超えると超級山岳の登場です。ただし山頂ゴールではなく12.5Kmを下ってのゴールとなります。

■第6ステージ 14日 233Km
序盤に峠を2つ越えた後、しばらくは平坦基調。超級を超えて下った後、1級の山頂ゴール。間違いなく勝負が掛かるステージです。

■第7ステージ 15日 127Km
スタートから下り基調。後半1級、1級、2級と超えて19Km下ってゴール。最後の山頂からの距離があるので、決定的な差がつくかは微妙です。

といった8日間のレースです。なかなか面白い選手が出場しますからね。注目ですよ。

Close↑


[2008.06.03(Tue) 15:12] ドーフィネリベレ2008Trackback(0) | Comments(0) 見る▼
↑TOPへ

TOP

 ■CALENDAR  

 ■Category  

 ■Archive  

 ■Comment  

 ■Trackback  

 ■Search  

 ■RSS  

 ■LINK LIST  

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。