初めてお越しくださった皆様へ、管理人よりご挨拶がございます。
TOP | NEXT

スポンサーサイト 

--年--月--日 (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--.--.--(--) --:--] スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
↑TOPへ

【ドライブデータ】Chargersは昨年と何が違うのか 

2007年10月03日 ()
1勝3敗と低空飛行が続くChargers。Super Bowlの有力候補だというシーズン前の声に応えることなくぐだぐだな試合を続ける事。まあ、Chargersファンであれば慣れっこでもあります。

では、昨年14勝2敗のチームは今年何が変わったのか。なぜダメなのか。これを検証したいと考えているわけですよ。

まず、大きな違い。

Norv TurnerがHCになりました。


…。


これじゃ、そこらへんのメディアと一緒じゃないboltsさん。


今日はは当ブログらしくですね、ドライブ結果データで比較しようという試みです。
続きを読む↓

早速データを見てみましょう。私が計算した2005年から今年までの「ドライブ結果レーティング」です。

2005年攻撃 181ドライブ守備 189ドライブ
タッチダウン4926.0%(+8.1%)3415.5%(-2.4%)
フィールドゴール2112.1%(-0.8%)209.6%(-3.3%)
パント7139.7%(-1.6%)7843.0%(+1.6%)
ターンオーバー2613.9%(-0.3%)2012.5%(-1.7%)
その他148.3%(-5.3%)3719.4%(+5.8%)
2006年攻撃 193ドライブ守備 191ドライブ
タッチダウン5629.5%(+11.6%)3219.7%(+1.7%)
フィールドゴール2612.8%(+0.0%)2310.8%(-2.0%)
パント6937.1%(-4.2%)8845.9%(+4.6%)
ターンオーバー146.5%(-7.9%)2611.8%(-2.5%)
その他2814.1%(+0.5%)2211.8%(-1.8%)
2007年攻撃 47ドライブ守備 44ドライブ
タッチダウン821.0%(+2.2%)1026.7%(+7.8%)
フィールドゴール47.9%(-6.1%)614.3%(+0.3%)
パント2036.7%(-1.4%)1434.4%(-3.7%)
ターンオーバー1022.7%(+7.5%)710.2%(-5.0%)
その他511.6%(-2.2%)714.4%(+0.6%)


-------------------------------------------------
■オフェンス
2005年はタッチダウンの多さが目立ちます。
「フィールドゴールが少なくたっていいじゃない、エンドゾーンまで持ち込めば。」
というオフェンスでした。
タッチダウン以外はほぼリーグ平均レベル。うまく点を取っていたことがわかります。


2006年になると、全ての部門においてリーグ平均以上。特にターンオーバーの激減がポイントです。ターンオーバーを減らしたぶん、しっかりと得点に結び付けています。完成度の高いオフェンスでした。

そして2007年。タッチダウンは平均以上です。フィールドゴールは少ないです。2005年オフェンスの小粒版といった感じです。しかし、致命的な部分が一つ。ターンオーバーの多さです。

2005年の平均的なターンオーバー数から、一気に改善した昨シーズン。しかし今シーズンは2005年をも通り越して、リーグ最低レベルまで落ち込んでしまいました。その影響で得点力が激しく落ちています。

オフェンスの課題は明らか。ターンオーバーを減らすこと。それにつきます。タッチダウンは取れているんですから、相手にボールを渡しさえしなければ何とかなりそうな気がします。

サックされてのファンブルがとても目立ちますが、これをボールを投げ捨てる力が無いと判断するべきか、難しいところではあります。でももしそうだとしたら、Philip Riversには頑丈なオフェンスラインが必須だということになりますね。

ラインの崩壊すると結構ターンオーバーに結びついています。だとすればパスを捨てて、ラン一辺倒で行くのも一つの手かもしれません。ただ、前任者のそのやり方を嫌ったファンにとっては受け入れがたいかもしれませんね。私は賛成ですがね。

-------------------------------------------------
■ディフェンス

2005年はなかなか硬いディフェンスを見せていました。唯一の弱点がボールを奪えないこと。試合の流れを変えるプレーができなかったようです。

2006年もその課題は変わらず。さらにボールが奪えなくなった分、タッチダウンが増えてしまっています。ディフェンスはパントに追い込むことで耐えに耐えていたということです。

2007年。ディフェンスの崩壊は本当にひどいところまできてしまいました。ターンオーバーはさらに奪えず、タッチダウンが激増。ボールは取れない、止められないで全く機能していません。

ここまで落ちたディフェンス。映像を見ていると、まずパスラッシュがかからない。相手QBにかなりの時間を与えています。そして、そういった状況からのパスが決まるんですね。パスカバーの能力がないのでしょう。二人入れ替わったILBは確実に穴かもしれません。

さらに、タックルミスの多さが目立ちます。相手に触れながらも止めきれない。それがロングゲインに結びついている。基本からやり直さなくてはいけないのでしょうか。

GB戦、KC戦と早いスラントパターンの短いパスを通され、タックルしきれずそのままエンドゾーンまで50ydほど走られるというプレーが続きました。カバーの拙さにタックルのミスが重なって同じ事を2週続けてやられてしまった。

これを、DCの責任に結びつける声が多いですが、私はそうは思いません。昨年のデータを見てもディフェンスは決して強くはないんです。ただ、止めるところで何とか止めて耐えてきたに過ぎないと思います。今年はそれができない。これは選手の問題でしょう。去年できたことができないんですから。

ただ、オフェンスに比べるとディフェンスは選手が入れ替わっています。ILBの二人にSの一人。実はこの変更が大きなポイントになっているかもしれません。どうみても向上にはなっていない気がします。

そもそも良くは無かったディフェンスから3選手が抜けたこと。強化すべきところでFA選手には手も出さず。ディフェンスはいいんだという過信は無かったか。ドライブデータからは昨年のディフェンスが良かったとは読み取れませんがね。

-------------------------------------------------
ディフェンスはもうだめです。ここからの劇的な向上はちょっと期待できません。となると勝つためには点を取るしかない。そしてそのためにはターンオーバーを減らすしかない。これができればそれなりに勝てると思います。打ち合いになりそうですが。

次のDenver戦。Denverもターンオーバーが取れなくて苦しんでします。Chargersにとっては、チャンスでもあります。

Close↑

スポンサーサイト

[2007.10.03(Wed) 12:12] ドライブデータTrackback(0) | Comments(0) 見る▼
↑TOPへ

【ドライブ結果データ】Buffalo Bills 

2007年09月26日 ()
今週の注目チームはBuffalo Billsであります。ここまで0勝3敗。開幕戦のDenverに最後の最後にひっくり返され、続く2試合は完敗。お家騒動も勃発するなど、決してチーム状況はよくありません。そんなBillsをドライブ結果データで見ていきたいと思います。

続きを読む↓

まずは、ドライブ結果データ。実際のドライブ結果をベースに、対戦相手の強さを加味した補正をかけた物です。そのチームの得点力、失点力をあらわします。

■ドライブ結果データ
Buffalo攻撃 30ドライブ守備 30ドライブ
タッチダウン25.6%(-13.5%)825.6%(+6.5%)
フィールドゴール13.3%(-10.9%)827.5%(+13.4%)
パント1758.9%(+21.4%)621.3%(-16.2%)
ターンオーバー38.7%(-6.6%)39.6%(-5.7%)
その他723.6%(+9.6%)516.0%(+2.0%)


タッチダウンにつながったドライブは3試合でわずかに2個。実際は3TDですが、1つはパントリターンTDですからここにはカウントされていません。フィールドゴールもわずかに1つ。6割のドライブがパントという大変厳しい状況です。

ディフェンスも良くなくて、全てにおいてリーグ平均以下の成績。調子の上がらないチーム状況をよく反映しています。

-------------------------------------------------
次に見ていただくのは、ドライブ結果レーティング。これは、対戦相手の平均的なドライブ結果に対して、自チームはどれぐらいの結果を残せたのか。その差をリーグ平均のドライブ結果に加減したものです。

ドライブ結果データが、実際の成績を強く反映したものであるのに対し、ドライブ結果レーティングは、試合内容そのものを評価したようなデータとなります。強い相手にいい試合をすれば評価は上がりますし、弱い相手にいまいちな試合をすると下がります。

逆に、強い相手にぼろ負けをしても評価が大きく下がることはありません。

■ドライブ結果レーティング
Buffalo攻撃 30ドライブ守備 30ドライブ
タッチダウン214.5%(-4.6%)815.2%(-3.9%)
フィールドゴール114.9%(+0.7%)822.8%(+8.7%)
パント1747.0%(+9.5%)638.1%(+0.6%)
ターンオーバー37.1%(-8.2%)313.0%(-2.4%)
その他716.5%(+2.6%)510.9%(-3.0%)


ドライブ結果データとは随分様子が違います。オフェンス、ディフェンスとも全体的な評価が上がりました。特にディフェンス。被TD率がリーグ平均よりも良くなっています。

-------------------------------------------------
それぞれの順位を見てみましょう。
総合攻撃守備
データ30位(-24.84)31位(8.73)30位(33.57)
レーティング6位(1.08)12位(22.57)6位(21.49)


結果データでは総合30位とひどい成績ですが、レーティングでは総合6位。とてもじゃないけど成績を反映しているとはいえません。

ではなぜこのような順位となるのか。次のような要因が考えられます。

①そもそもBillsの成績がひどすぎる
 レーティングは、リーグ平均のドライブ結果をベースに算出しています。そのため、ドライブ結果がひどいBillsはレーティングになると一気に数字上がるように見えてしまいます。

②対戦相手が強すぎる
 対戦相手が強いと、成績が悪くてもレーティングがあがるようになっています。

そこでBillsが負けた相手を見てみると、、、

Week1 Denver (2-1)
Week2 Pittsburgh (3-0)
Week3 New England (3-0)

これはなんというか罰ゲームに近いものがあります。対戦相手が悪すぎます。これで2勝1敗とかだったら相当強いチームですよ、Billsは。3連敗やむなしといった感じです。

このように、結果データとレーティングがかけ離れているチームは、対戦相手が大きく偏っている可能性があります。Billsの場合は相手が悪すぎると。そこそこの相手とならそれなりに勝負できると、データは教えてくれています。Billsファン、悲観すること無かれということです。

-------------------------------------------------
となると、今後の対戦相手が気になりますね。普通の相手なら勝てる可能性も高いですからね。実際に見てみましょうか。

Week4 Jets (1-2)
Week5 Dallas (3-0)
Week6 Baltimore (2-1)
Week7 Jets (1-2)

楽な相手ばかりとはいえません。Jets戦が鍵となることは間違いないですが、しかし厳しいスケジュールですね。今年のBills。最初から運がなかったとしか言いようがありません。


Close↑


[2007.09.26(Wed) 12:14] ドライブデータTrackback(0) | Comments(0) 見る▼
↑TOPへ

【Chargers】ドライブ結果ランキングで予想外の上位にいるのは、、、 

2007年09月19日 ()
ドライブ結果データを集計していますが、Week2時点でのデータはいまいち信頼性にかけます。まだまだ試合数がが少ないんですね。ただ、ランキングを見ているとやはり勝っているチームが上位に来ていることがわかります。

■ドライブ結果ランキング Week2終了時点
http://www.geocities.jp/boltspride/ranking.html

現在トップはPittsburgh。オフェンス4位、ディフェンス1位と素晴らしい成績。攻守ががっちりと噛み合っており2連勝も納得です。

2位がNew England、3位がIndianapolis。これは昨年も上位の常連。今年も強いぞと言うことです。

そして4位にランクされているのがHouston。ここで、昨シーズンのデータと比べてみましょう。
続きを読む↓

Houston 2006攻撃 173ドライブ守備 169ドライブ
タッチダウン2715.9%(-2.1%)3922.8%(+4.8%)
フィールドゴール1911.3%(-1.5%)2514.8%(+2.0%)
パント7645.5%(+4.2%)6538.9%(-2.4%)
ターンオーバー2513.9%(-0.4%)2212.7%(-1.7%)
その他2613.3%(-0.2%)1810.8%(-2.7%)
Houston 2007攻撃 22ドライブ守備 22ドライブ
タッチダウン419.2%(+2.0%)313.8%(-3.4%)
フィールドゴール418.2%(+3.8%)15.1%(-9.3%)
パント835.0%(-4.0%)1044.0%(+5.0%)
ターンオーバー313.6%(-1.9%)628.0%(+12.6%)
その他314.0%(+0.0%)29.1%(-4.8%)


昨シーズンは総合26位。オフェンスは24位でしたが、ディフェンスが29位でした。どちらかと言うとディフェンスに問題があったわけです。

今シーズンはここまで、オフェンス7位に対してディフェンスは5位です。昨年と比べてディフェンスで特に目立つ部分。それはターンオーバーです。今シーズンは2試合で6つのドライブでボールを奪っています。ディフェンスがボールを奪ってくれる。これがオフェンスにリズムをもたらしている。こう考えられそうですね。

このままディフェンスが好調を維持できれば、かなりの躍進も期待できます。次のIndianapolis戦が最初のテストになるかもしれません。

Close↑


[2007.09.19(Wed) 10:06] ドライブデータTrackback(0) | Comments(0) 見る▼
↑TOPへ

ドライブ結果データをアップしましたよ 

2007年09月12日 ()
Week1の結果から算出したドライブ結果データをアップしました。

■ドライブ結果データ AFC
http://www.geocities.jp/boltspride/predictionafc.html

■ドライブ結果データ NFC
http://www.geocities.jp/boltspride/predictionnfc.html

■ドライブ結果ランキング
http://www.geocities.jp/boltspride/ranking.html

ページレイアウトが崩れているのはシーズン序盤の恒例行事ですので、ご容赦くださいませ。
続きを読む↓

昔から見ていただいている方にはおなじみのデータですが、新しい方のために簡単に紹介を。

各チームのドライブの結果を分類して割合の形で表したものです。分類の中身は、
・タッチダウン
・フィールドゴール
・パント
・ターンオーバー
・その他

これらを攻守それぞれで集計します。

そして対戦相手の強さ弱さを加味すべく補正をかけて、最終的な数値を出しています。
強い相手にそこそこの試合をすれば評価は少しよくなります。逆に弱い相手にそこそこの試合ですと評価は下がります。

データの赤い部分がリーグの平均以上の成績であることを示します。青い部分は平均以下。ですので赤い部分が多ければ多いほど強いチームと言うことになります。

そしてその割合を元に1試合の予想得点、予想失点をはじきだしランキング化したのがドライブ結果ランキングです。

ちなみにWeek1終了時のトップはIndianapolis。僅かの差でPittsburghが2位です。最下位の32位はNew Orleansで31位はClevelandとなっています。

オフェンス1位はNew England、32位はCleveland。

ディフェンス1位はIndianapolis、32位はJetsです。

前年チャンピオンのIndianapolisは完璧な開幕戦勝利だったと言えます。

チームごとにデータを見るのも楽しいです。攻撃は素晴らしいのに守備が全くダメなチーム。典型例はSt. Louisですね。逆もあります。チームごとの特徴が出て面白いです。

皆さんが好きなチームのデータの動きを毎週チェックすると大変おもしろいですよ。NFL全体を知る一つの手段として利用していただければと思います。

Close↑


[2007.09.12(Wed) 11:41] ドライブデータTrackback(0) | Comments(0) 見る▼
↑TOPへ

ドライブ結果レーティング SD vs CHI 

2007年09月05日 ()
水曜日はドライブ結果データをいじる日。今日は開幕戦、San Diego対Chicagoを、昨シーズンのデータを使ってみてみたいと思います。

使用したのは昨シーズンのドライブ結果レーティング。これはスケジュール難度の影響を外した数値となります。では早速両チームのデータを見てみましょう。
続きを読む↓

San Diego攻撃 193ドライブ守備 191ドライブ
タッチダウン5629.5%(+11.6%)3219.7%(+1.7%)
フィールドゴール2612.8%(+0.0%)2310.8%(-2.0%)
パント6937.1%(-4.2%)8845.9%(+4.6%)
ターンオーバー146.5%(-7.9%)2611.8%(-2.5%)
その他2814.1%(+0.5%)2211.8%(-1.8%)
Chicago攻撃 206ドライブ守備 212ドライブ
タッチダウン4019.4%(+1.4%)2513.4%(-4.6%)
フィールドゴール3215.6%(+2.8%)187.4%(-5.4%)
パント7738.4%(-3.0%)10046.7%(+5.4%)
ターンオーバー3415.2%(+0.8%)4420.1%(+5.7%)
その他2311.4%(-2.1%)2512.4%(-1.1%)

-------------------------------------------------
オフェンスは、得点力、パント、ターンオーバー全てにおいてSan Diegoが上です。Chicagoオフェンスのターンオーバーの多さが気になります。

逆にディフェンスは、全てにおいてChicagoが上。San Diegoディフェンスはタッチダウンを許しすぎ、ターンオーバー取れなさすぎです。

両チームの弱点が改善されていないならば、ターンオーバーこそがこの試合のキーとなるでしょう。お互いのボールを奪うことが出来るか。この勝負に勝ったチームが試合を物にしそうです。

数値を単純に見比べるならば、Chicagoのほうが有利な試合と言えると思います。Chicagoのオフェンスがターンオーバーでボールを失っても勝ってきたのに、San Diegoはボールを奪うことが出来ないのです。しかし、プレシーズンを見る限りはSan Diegoのディフェンスのボールを奪う力は随分向上しているように感じます。

-------------------------------------------------
ターンオーバー以外だと、San Diegoの攻撃テンポに注目です。Chicagoはなんとなくだらだらとボールが進むような気がします。しかし、San Diegoオフェンスの破壊力が強力なChicagoディフェンスに対抗できるかで、試合の流れが大きく変わってきそうです。やはり、お互いの長所がぶつかり合う展開となるでしょう。

Close↑


[2007.09.05(Wed) 12:22] ドライブデータTrackback(0) | Comments(0) 見る▼
↑TOPへ

【NFL】チーム別ドライブ結果データ紹介 Buffalo Bills 

2007年03月14日 ()
2006年シーズンドライブ結果紹介。Buffalo Billsです。
続きを読む↓

Buffalo総合オフェンスディフェンス
2005 (5-11)-4.89(21)21.63(17)26.52(23)
2006 (7-9)-0.15(17)21.45(20)21.60(9)

Buffalo20052006
攻撃攻撃 180ドライブ攻撃 188ドライブ
タッチダウン2512.8%(-5.2%)2816.5%(-1.5%)
フィールドゴール2916.3%(+3.3%)2312.5%(-0.2%)
パント7141.0%(-0.4%)9249.7%(+8.4%)
ターンオーバー2513.7%(-0.5%)2812.7%(-1.6%)
その他3016.3%(+2.7%)178.5%(-5.1%)
守備守備 178ドライブ守備 188ドライブ
タッチダウン4223.3%(+5.3%)3216.8%(-1.2%)
フィールドゴール1910.6%(-2.4%)2210.5%(-2.2%)
パント6235.8%(-5.5%)8647.2%(+5.9%)
ターンオーバー2916.2%(+2.0%)2211.9%(-2.5%)
その他2614.2%(+0.6%)2613.6%(+0.1%)

勝ち数を2つ伸ばし、僅かではありますが向上の兆しを見せたBuffalo。ディフェンスの強化からチームの建て直しに着手していることがわかります。

オフェンスは、昨シーズンとほとんど変化なし。得点に結びつくドライブの割合が変わっていません。いまいちだったオフェンスは、今シーズンもいまいちでした。パントが大きく増えているのは、少し不安材料ではあります。

逆にディフェンスは大きく成長しました。まずターンオーバーが減っているのが目立ちます。ただ、被タッチダウンがそれ以上に減っており、パントに追い込むケースも多くなっています。派手さは無いが堅いディフェンスになったと考えていいと思います。

堅実なディフェンスを維持しつつ、もう少しオフェンスに破壊力が出てくると面白いです。タッチダウンも増えたがパントも増えたということは、オフェンスに波があるということ。この波を少なくして、良い方向に持っていきたいですね。

Close↑


[2007.03.14(Wed) 20:13] ドライブデータTrackback(0) | Comments(0) 見る▼
↑TOPへ

TOP | NEXT

 ■CALENDAR  

 ■Category  

 ■Archive  

 ■Comment  

 ■Trackback  

 ■Search  

 ■RSS  

 ■LINK LIST  

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。