初めてお越しくださった皆様へ、管理人よりご挨拶がございます。
 ← 【Chargers】AFC West 今後の展望 | TOP | 【Chargers】Week9 vs Giants 試合終了

スポンサーサイト 

--年--月--日 (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--.--.--(--) --:--] スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
↑TOPへ

【Chargers】Week9 vs Giants 試合後 

2009年11月10日 ()
アメリカのメディアでは、結構Riversとイライ君の関係を記事に盛り込んでいるんですよね。日本で思っている以上にあのドラフトでの騒動は大きなものなのかもしれません。

確かに、Chargersにしてみれば「おめーの所でプレー何かしたくねえよ」と言われればイラッときますしね。Chargersファンに対してもいつまでぐちゃぐちゃ言ってるんだというご意見もあるのでしょうが、応援するチームをこういう形で見下されたという事実は、いつまでたっても消えるものではありません。

が、ここではそういった経緯は取り除いて、極めて冷静に試合を振り返りたいと思います。

まずはオフェンス。

試合を通してなかなかリズムに乗れなかった印象です。Riversも2本のインターセプトとらしくなかったです。まあ、あのパスプロで良くやったというのもまた正しいんですがね。そして昨日はレシーバーにも足を引っ張られました。特にTE Gatesは簡単なパスを2つドロップするなど精彩を欠きました。後半の3rd Downでのドロップなんてのは、リズムをずたずたにする致命的なミス。そりゃRiversも切れますわ。

そして、相変わらず出ないランオフェンス。オフェンスラインが全くレーンを作れないのもあります。しかし、L.T.は見ていてもその衰えを実感せざるを得ない。ちょっと痛々しいですね。

しかし、最後の逆転のドライブは素晴らしいものでした。タイムアウトを取らないままエンドゾーンまで持って行きました。これが、イライ君との違いですな。イライ君はChargersに来たくないといいましたが、こんな情けないオフェンスラインの後ろでこうやって結果を見せてこそ男ですよ。やっぱりイライ君はしょーもない、、、おっと。冷静にやるんでしたね。

次はディフェンス。

とにかく粘り強かった。この一言に尽きると思います。攻撃にあれだけ時間をかけられるのは問題です。でも終わってみれば20点ですよ。開幕直後のようなもうどうしようもないという感じは無くなりつつあります。積極的にブリッツをかけるようになったことでQBにプレッシャーがかかり、そのおかげでディフェンス全体に余裕が生まれている感じです。もちろん、DLも良くなっているはずで、LBも生き生きしてます。相変わらずタックルミスも目立ちますが、ハードヒットも増えてきています。かなりいい傾向だと思います。

そして、何と言ってもあのイライ君に5サック!!!まあ一つは審判のミスですが、あの坊ちゃんを何回も追いまわしサックを浴びせそれはそれは爽快でした。やはり、特定のチームに対しプレーしたくないと言ってはいかんのですよ。例えスーパーボウルで勝ったとしても、人間としてどうか、、、いかんいかん。冷静に冷静に。

スペシャルチーム。

フィールドポジションを争うゲームとして考えれば、Chargersは有利でしたね。Scifersは安定したパントを連発。一つが反則でやり直しになったのは気に入りませんが、Chargersの大きな武器です。逆にGinatsはミス連発。最初のFG失敗は実に大きかったですし、パントもスプーのリターンを怖がったのか、とにかく消極的。やはり、イライ君のような坊ちゃんがリーダーだと、チーム全体が逃げ腰になっちゃうんでしょうかね。ああ、でも思い出しただけでもイラっとするなあ。家族ぐるみでChargersを貶したからなあ。マニング一家っちゅうのは本当にどうし、、、こらっ。冷静にだぞ。

最後に。

3点ビハインドでボールを得て、最初のプレーでインターセプト。ゴール前までリターンされもう終わったと思いました。しかし、そこからGiantsは反則で下がり、2-14、3-9というシチュエーションでランプレーを続けました。7点ではなく3点でいいと考えたかどうかはわかりませんが、何か懐かしい感じがしませんか?そう。マーティですね。

conservativeって言われ続けたマーティ時代。何試合かそれで落としましたけど、こういうことなんだと実感しました。あの場面。4th Downでゴールまで4ヤードでした。ギャンブル成功で10点差。試合は決まりです。ギャンブル失敗でも3点差のまま、自陣4ヤード付近からの攻撃を強いることができる。Chargersのオフェンスラインの弱さや、キッカーの勝負弱さ等を考えれば、ギャンブルのほうが勝つ可能性は高かったと思うのです。FGを決められても同点どまりで負けることは無いわけですから。エンドゾーンまで持っていかれればどっちにしろ負けですからね。

6点差となったことで、FGを取られても大丈夫という気持ちが生まれる。ディフェンスのどこかにちょっとした隙が生まれたのではなかろうか。まあ、想像でしかありませんが、ずるずるとゲインを重ねられるGiantsディフェンスを見てそう思いました。やはり、戦う気持ちは何よりも大切だと。

その気持ちを作りだすのが下手なのがNorv Turnerだと思いますが、昨日の試合ではガッツポーズや、L.T.とのハグなど少し感情を出してましたね。少し戦う集団に近づいたということでしょうか。

チームにとっては本当に大きな一勝です。これでDenverに立ち向かっていけそうな気がします。

そして、ファンにとっては最高の勝利です。あのイライに5サックした上に大逆転勝利ですから。

ファンにとっては如何にイライを痛めつけるか。それが一番重要ですもんね。

[2009.11.10(Tue) 11:19] Chargers | Trackback(-) | Comments(3)
↑TOPへ


COMMENT

by 通りすがりさん
で、リヴァースはリング何個持ってんの?

by bolts
>通りすがりさん
「まだ0個なんですよねー。」としか答えようがないじゃないですか。

もしあなたがイライ君ファンなら、「こっちはもうリング持ってるもんね~。悔しいやろwww」ってぐらい堂々と書き込みしてくださいね。

by bolts
>masaさん
クーパーですが、7タックル6アシストですね。数字は残してますね。他が良かった分あまり目立たなかったのかもしれません。

急に取り入れ始めたセーフティブリッツのおかげでLBもかなり動けるようになりましたね。対策を練られないうちに勝利を重ねておきたいですね。

エリソンはいい時悪い時の差が大きいですね、目の覚めるようなタックルを見せたかと思えば、何でもないタックルをミスしたりと。でも将来は明るいと思いますよ。いい部分を見せられているということだけでも今までの選手とは違います。

L.T.はちょっと厳しいですね。おっしゃる通りもっとスプロールズと組み合わせて使えばいいと思うんですけどね。シーズン後半のNorvのプレーコールに期待ですね。

コメントを閉じる▲
 ← 【Chargers】AFC West 今後の展望 | TOP | 【Chargers】Week9 vs Giants 試合終了

COMMENT

で、リヴァースはリング何個持ってんの?
[ 2009.11.10(Tue) 19:49] URL | 通りすがりさん #- | EDIT |

>通りすがりさん
「まだ0個なんですよねー。」としか答えようがないじゃないですか。

もしあなたがイライ君ファンなら、「こっちはもうリング持ってるもんね~。悔しいやろwww」ってぐらい堂々と書き込みしてくださいね。
[ 2009.11.10(Tue) 20:08] URL | bolts #- | EDIT |

>masaさん
クーパーですが、7タックル6アシストですね。数字は残してますね。他が良かった分あまり目立たなかったのかもしれません。

急に取り入れ始めたセーフティブリッツのおかげでLBもかなり動けるようになりましたね。対策を練られないうちに勝利を重ねておきたいですね。

エリソンはいい時悪い時の差が大きいですね、目の覚めるようなタックルを見せたかと思えば、何でもないタックルをミスしたりと。でも将来は明るいと思いますよ。いい部分を見せられているということだけでも今までの選手とは違います。

L.T.はちょっと厳しいですね。おっしゃる通りもっとスプロールズと組み合わせて使えばいいと思うんですけどね。シーズン後半のNorvのプレーコールに期待ですね。
[ 2009.11.11(Wed) 11:10] URL | bolts #- | EDIT |

COMMENT POST















管理者にだけ表示

 ← 【Chargers】AFC West 今後の展望 | TOP | 【Chargers】Week9 vs Giants 試合終了

 ■CALENDAR  

 ■Category  

 ■Archive  

 ■Comment  

 ■Trackback  

 ■Search  

 ■RSS  

 ■LINK LIST  

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。