初めてお越しくださった皆様へ、管理人よりご挨拶がございます。
 ← 【Chargers】Week8 Rams戦を振り返る | TOP | 【Chargers】Chargers News

スポンサーサイト 

--年--月--日 (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--.--.--(--) --:--] スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
↑TOPへ

【Chargers】Week8 Rams戦 いつもと趣を変えて 

2006年10月27日 ()
今週もおしらせ。
NFL Bloger's Picksに参加されている皆様はWeek8の予想登録をお願いします。締め切りは、日本時間 10月30日(月)午前1時55分です。



では、Rams戦のプレビューに入りましょう。ばたばたしているChargersですが、こういった有利と見られている試合は確実に取っていかなくてはいけません。

この後の厳しい状況を考えても、このRams戦は絶対に落とせない一戦となります。

さて、いつもは4つのポイントをもって試合を展望するわけですが、今週は変えてみます。

Ramsを応援していらっしゃるSLEEPさんのBlog、「ああああ」にRams側の立場から見たChargers戦展望が書かれています。

今回はこの記事をいじるこの記事を参考にする形でプレビューしてみましょう。

SDと言えば海軍基地ですよね?ERでも出てきました。
緯度が低いわりに寒そうなとこです、気候が安定してるとも言うが・・・
はい、海軍基地ですね(行った事も無いのに語る私)。雨は降らないようですね。たまに降ったりするとChargersは負けますね。慣れてないんで。

まずSan Diegoのオフェンスからですが、焦点は言わずと知れたLTとAntonio Gatesの2人です。Drew Brees覚醒はGatesなくしてはあり得ず、Keenan McCardellを加えた信頼できる3つのターゲットがBreesを支えています。
LaDainian TomlinsonとAntonio Gatesが中心なのは変わりません。ただTomlinsonは平均3.5ヤードと決して好調ではない。そしてGatesも以前ほど目立った活躍ができていません。Keenan McCardelもそこまでのインパクトはありません。

ハイ、今年はブリーズではなくフィリップ・リヴァースですが基本は同じでしょう。LTにはある程度やられるものと覚悟します。
今年のChargersオフェンスは選手がどうのこうのじゃなくて、プレーコールにかかっていると思われます。試合に勝てそうになると徹底的にランプレー。判りきった場面でのランですので距離も伸びません。回数を使ってヤードを稼ぐといったところ。ですからLTに100ヤード以上走られるとすれば、もう完全な負け試合の展開になっているはずです。LTが直接勝敗に関わるとは思えません。

幸いゲイツは臀部を傷めていますから、ウィザースプーンなりティノイサモアなりである程度カバーできるんじゃないでしょうか。となると問題はマッカーデル&パーカーのWR陣ですが、どうもここがヤバイ・・・ブリッツ大好きハズレットさんがどういう解決策を見出すか注目です。
ランプレーが鍵ではないとすると当然パスがポイント。ChargersのオフェンスラインがPhilip Riversを守れるかどうか。QBやレシーバーよりはラインの対決という気がします。Riversを混乱させて下手なパスを投げさせて、Ramsお得意のターンオーバーという展開であればRamsのペースになりますね。ただ、Chargersのパスは「おかしいだろ、それ。」といった軌道のパスでもキャッチしてしまったりとファンタジー感が一杯です。やっぱりQBを仕留めることが鍵ですね。

よって、Chargers O#対Rams D#は双方のラインの出来で勝負が決まると見ております。なんとなくですがChargersのほうが上かなぁと思います。

Wade Phillipsは3-4のカヴァー3・4を基本に、変幻自在なパスラッシュを繰り出し、かつ信頼できるNTを中心にRead系の折れないランディフェンスを作り上げることに定評があります。
先週のKC戦ではランディフェンスが崩されました。やはりランがポイントとなるでしょう。

後ろに不安を抱えるSan Diegoが、Safetyを上げてくることはまずない」と思いますので、フロント7相手の攻防で互角に戦えれば、道は開けます。
まさにその通りです。フロント7の勝負となります。

つまりジャクソンでどの程度勝負できるかでしょう。幸いメリマンはいませんから、下手にハードヒットを喰らっての怪我は心配せずに走りまくってほしいですね。
そのShawne Merrimanですが、Rams戦は出場できる見込みなんですね。逆に気合入りまくりかもしれません。むしろもう一人のOLB Shaun Phillipsの不在が痛いです。

それとジャマーの反対側のCBフローレンスというのはどういう選手なのか、ここでSTLのWRやTEが勝てるかどうかがキモかもしれません。
Drayton Florenceはたいした選手ではないです。目立つことも無く、地味に仕事をする感じです。勢いに乗れば強いがダメだとどうしようもないディフェンスです。

Rams O#対Chargers D#ですが、ちょっとしたミスとかそういったことでどちらにも転がりそうです。強いのかどうか良くわからないChargersのディフェンスと好調Ramsオフェンスであれば、若干Ramsのほうが有利かもしれません。

BYE明けですし、向こうはけが人やらなんやらでゴタついてます。アウェイとは言え勝てる試合でしょう、ここで負けるならプレイオフに出る価値のないチームということですね。
これは、Chargersファンも思っているはずです。Ramsに負けると思っているファンはいないでしょう。余裕というか油断というか。ChargersにしてみてもRamsに負ければプレーオフの資格無しといった気持ちでいるはずです。

この試合、どう考えても打ち合いになると思うのです。壮絶な空中戦が繰り広げられるんじゃないでしょうか。そうなるとターンオーバーが一番しちゃいけないことになると思うんですね。Chargers、Ramsともオフェンスのターンオーバーが少ない。逆にディフェンスはターンオーバーを奪える。この部分の差が勝敗を分けると思っています。

ミスしたほうが負けという一番シンプルな形で決着がつくのではないでしょうか。

では現時点でのInjury Reportです。

 San Diego
DEIgor OlshanskyKneeOut
WRVincent JacksonGroinQuestionable
SBhawoh JueKneeQuestionable
WRMalcom FloydGroinQuestionable
LBShaun PhillipsCalfQuestionable
WRGreg CamarilloKneeProbable
TEAntonio GatesHipProbable
GMike GoffFingerProbable
 St. Louis
RBPaul SmithEyeProbable
LBPisa TinoisamoaHandProbable

怪我人多いなぁ。

[2006.10.27(Fri) 15:33] ChargersTrackback(0) | Comments(1)
↑TOPへ


COMMENT

by SLEEP
改めてはじめまして。
というかメリマン出場→強烈なサック→バルジャー死亡というシナリオがうっすら見えてきてなんだかな~ですw
ティノイサモアの怪我は忘れてました、肘を脱臼してからテーピングして出場し続けてますから、パスカバーには問題ありですね。ということでSD優勢に修正しておきます。

コメントを閉じる▲
 ← 【Chargers】Week8 Rams戦を振り返る | TOP | 【Chargers】Chargers News

COMMENT

改めてはじめまして。
というかメリマン出場→強烈なサック→バルジャー死亡というシナリオがうっすら見えてきてなんだかな~ですw
ティノイサモアの怪我は忘れてました、肘を脱臼してからテーピングして出場し続けてますから、パスカバーには問題ありですね。ということでSD優勢に修正しておきます。
[ 2006.10.28(Sat) 11:17] URL | SLEEP #- | EDIT |

COMMENT POST















管理者にだけ表示

Trackback

この記事のURL:
http://bolts.blog44.fc2.com/tb.php/451-c0113fa1
 ← 【Chargers】Week8 Rams戦を振り返る | TOP | 【Chargers】Chargers News

 ■CALENDAR  

 ■Category  

 ■Archive  

 ■Comment  

 ■Trackback  

 ■Search  

 ■RSS  

 ■LINK LIST  

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。