初めてお越しくださった皆様へ、管理人よりご挨拶がございます。
 ← 【Chargers】Divisional Playoff Patriots戦 データ比較 | TOP | 【NFL】Wildcard 2日目の結果

スポンサーサイト 

--年--月--日 (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--.--.--(--) --:--] スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
↑TOPへ

【Chargers】AFC 非常に面白いプレーオフ 

2007年01月10日 ()
いよいよ生き残りも8チームとなりました。各チーム、あと2勝でスーパーボウルです。

興味深いAFCの生き残りチーム。データから見た特徴を簡単に書いておきます。

TeamWL総合ポイント攻撃予想得点守備予想失点
San Diego12-4116.96235.88518.92
Baltimore13-3314.55926.75112.20
Indianapolis12-4510.87140.232829.36
New England12-4215.52431.38215.86
※ドライブ結果データ

ドライブ結果データの数値を一覧にしました。

まず総合ポイントですが、San Diegoを筆頭に全てのチームがトップ5以内となっています。まさに今年のNFLはAFCリードということを表していますね。

しかし攻守それぞれのポイントを見るとなかなか面白いことになっています。

まずSan DiegoとNew England。両チームは攻守ともトップ5以内。ただ一番ではありません。特徴としては攻守とも高いレベルを保つバランス型とでも言えましょうか。

Baltimoreは守備1位に対して攻撃は9位。強力な守備を基に戦うディフェンス重視型です。

Indianapolisは攻撃が1位なのに対し守備は28位。完全なオフェンス偏重型です。

バランス型の両チームのSan DiegoはTomlinson、Gates、Merrimanといった中心選手を核にチームを組み立てている印象が強く、New Englandは本当にチーム全員で一丸となって、高度な戦術を基に戦っている印象です。

そこで簡単にチームを紹介するならば、

タレントのSan Diego

ディフェンスのBaltimore

オフェンスのIndianapolis

バランスのNew England


と言えるのではと。

シーズンを戦い抜いた結果がたまたまこうなっただけであり、チームの方針としてこのような強化を行ったわけではないでしょうが、結果として残った以上、事実でもあります。

そして、Divisional Playoffではバランス型の2チームが対戦し、攻守の盟主が激突となります。

豊富なタレントを揃え、彼らの活躍によって活路を見出すSan Diegoにチーム力のNew Englandがどうぶつかるのか。

そして、攻守それぞれに圧倒的な力を持つIndianapolisとBaltimoreの対戦では、どちらの力が上回るのか。

非常に興味深い対戦カードとなりました。現代NFLにおける強化の方向性として、何が正しいのか。少し浮き彫りになるかもしれないAFCのプレーオフです。

[2007.01.10(Wed) 17:25] ChargersTrackback(0) | Comments(0)
↑TOPへ

 ← 【Chargers】Divisional Playoff Patriots戦 データ比較 | TOP | 【NFL】Wildcard 2日目の結果

COMMENT

COMMENT POST















管理者にだけ表示

Trackback

この記事のURL:
http://bolts.blog44.fc2.com/tb.php/512-c527fda4
 ← 【Chargers】Divisional Playoff Patriots戦 データ比較 | TOP | 【NFL】Wildcard 2日目の結果

 ■CALENDAR  

 ■Category  

 ■Archive  

 ■Comment  

 ■Trackback  

 ■Search  

 ■RSS  

 ■LINK LIST  

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。