初めてお越しくださった皆様へ、管理人よりご挨拶がございます。
 ← 【NFL】特別企画 Contract Tracker Lions版 | TOP | 【NFL】ドライブ結果データ検証①

スポンサーサイト 

--年--月--日 (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--.--.--(--) --:--] スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
↑TOPへ

【NFL】ドライブ結果データ検証 IND CHI編 

2007年01月31日 ()
ドライブ結果データ検証。

今回はSuper Bowl出場の2チーム、Indianapolis ColtsとChicago Bearsです。

Indianapolis総合オフェンスディフェンス
2005 (14-2)17.51(1)36.00(2)18.49(5)
2006 (12-4)10.79(5)37.93(1)27.14(26)

Indianapolis20052006
攻撃166ドライブ158ドライブ
タッチダウン4929.3%(+11.3%)4831.1%(+13.1%)
フィールドゴール2313.2%(+0.3%)2616.7%(+4.0%)
パント5231.6%(-9.7%)4830.3%(-11.0%)
ターンオーバー1610.9%(-3.3%)1811.4%(-2.9%)
その他2615.0%(+1.4%)1810.4%(-3.1%)
守備168ドライブ159ドライブ
タッチダウン2716.1%(-1.9%)3823.5%(+5.5%)
フィールドゴール1910.3%(-2.6%)2415.2%(+2.4%)
パント6741.0%(-0.4%)4730.2%(-11.1%)
ターンオーバー3017.9%(+3.7%)2616.5%(+2.1%)
その他2514.7%(+1.2%)2414.6%(+1.1%)

シーズン前にRBが移籍し、果たして今シーズンはどうだろうという見方もあったオフェンス。結果は、成績ダウンどころかむしろ向上させています。完成度の高さには感心しますし、穴を埋めたRBも素晴らしかったですね。そしてQB マニング。遂に切符をつかんだ頂上決戦の舞台。いつもと同じようにプレーできるでしょうか。

ディフェンスはというと、こちらは大幅に成績ダウン。ターンオーバーこそ平均以上の成績ですが、その他は成績を落としました。特に目立つのがパントです。昨シーズンはほぼリーグ平均の割合でパントに追い込んでいたのですが、今シーズンは全くダメ。攻撃を止められずずるずると進まれ、タッチダウン・フィールドゴールを取られるという弱いディフェンスの姿を見せてしまいました。ターンオーバーが奪えているのが救いですが、来シーズンは何よりもディフェンスの強化が課題となるでしょう。

ディフェンスの力が大きく落ちても、オフェンスの力でSuper Bowlまで勝ち進んだColts。データはそう言っていますが、実際のプレーオフでの戦いぶりを見ると、ディフェンスは数字以上に頑張っていました。レギュラーシーズン中に落ち込んでいたディフェンスがここ一番でチームを救ったんですね。レギュラーシーズンとは違った戦い方ができることも、勝ち進む条件なのかもしれません。そして来シーズン、ディフェンスが強化されればこのチームはとんでもなく強いチームになりそうです。
Chicago総合オフェンスディフェンス
2005 (11-5)2.50(12)17.53(30)15.03(1)
2006 (13-3)11.74(3)28.67(6)16.93(3)

Chicago20052006
攻撃196ドライブ206ドライブ
タッチダウン2211.6%(-6.3%)4019.4%(+1.4%)
フィールドゴール229.7%(-3.2%)3215.6%(+2.8%)
パント9752.0%(+10.7%)7738.4%(-3.0%)
ターンオーバー2511.0%(-3.2%)3415.2%(+0.8%)
その他3015.7%(+2.1%)2311.4%(-2.1%)
守備205ドライブ212ドライブ
タッチダウン1910.4%(-7.6%)2513.4%(-4.6%)
フィールドゴール2110.8%(-2.1%)187.4%(-5.4%)
パント9747.2%(+5.8%)10046.7%(+5.4%)
ターンオーバー3213.4%(-0.8%)4420.1%(+5.7%)
その他3618.3%(+4.7%)2512.4%(-1.1%)

順位を見ていただければ明らかなのですが、Bearsの今シーズンの鍵はオフェンスの向上です。勝利数にして僅かに2勝。しかしこの2勝の上積みが、ホームフィールドアドバンテージをもたらし、極寒の中でのゲームにつながりました。そしてSuper Bowl出場です。

オフェンスは昨シーズンの酷い成績から大きく改善しました。しかし、リーグ平均と比べてものすごく良いかというとそうでもありません。ただ、それなりに得点が取れるようになったことで、強豪相手に十分戦える権利を得ました。

そしてディフェンスです。元々ディフェンスは強力でした。今シーズンは少し成績が落ちていますが、それでもリーグ3位です。鍵はターンオーバーの増加。昨シーズン平均レベルのターンオーバー数でしたが、今シーズンは一気に向上。相手のボールをどんどん奪うことが出来るようになりました。結果的にこれが得点力のアップにつながりました。

来シーズンに向けては、更なるオフェンスの向上が求められます。今シーズンはディフェンスでの得点で目立ちにくいですが、やはりオフェンスそのものの強化は必須でしょう。Bearsもまた、攻守が揃うと手が付けられないレベルにいるチームでしょう。


[2007.01.31(Wed) 12:52] ドライブデータTrackback(0) | Comments(0)
↑TOPへ

 ← 【NFL】特別企画 Contract Tracker Lions版 | TOP | 【NFL】ドライブ結果データ検証①

COMMENT

COMMENT POST















管理者にだけ表示

Trackback

この記事のURL:
http://bolts.blog44.fc2.com/tb.php/532-2652f15f
 ← 【NFL】特別企画 Contract Tracker Lions版 | TOP | 【NFL】ドライブ結果データ検証①

 ■CALENDAR  

 ■Category  

 ■Archive  

 ■Comment  

 ■Trackback  

 ■Search  

 ■RSS  

 ■LINK LIST  

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。