初めてお越しくださった皆様へ、管理人よりご挨拶がございます。
 ← 【NFL】チーム別ドライブ結果データ紹介 Kansas City Chiefs | TOP | 【NFL】チーム別ドライブ結果データ紹介 Arizona Cardinals

スポンサーサイト 

--年--月--日 (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--.--.--(--) --:--] スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
↑TOPへ

【NFL】チーム別ドライブ結果データ紹介 San Diego Chargers 

2007年02月27日 ()
2006年シーズンドライブ結果紹介。San diego Chargersです。

San Diego総合オフェンスディフェンス
2005 (9-7)8.61(10)29.31(9)20.70(12)
2006 (14-2)13.14(2)34.02(2)20.88(8)

San Diego20052006
攻撃攻撃 181ドライブ攻撃 193ドライブ
タッチダウン4926.0%(+8.1%)5629.5%(+11.6%)
フィールドゴール2112.1%(-0.8%)2612.8%(+0.0%)
パント7139.7%(-1.6%)6937.1%(-4.2%)
ターンオーバー2613.9%(-0.3%)146.5%(-7.9%)
その他148.3%(-5.3%)2814.1%(+0.5%)
守備守備 189ドライブ守備 191ドライブ
タッチダウン3415.5%(-2.4%)3219.7%(+1.7%)
フィールドゴール209.6%(-3.3%)2310.8%(-2.0%)
パント7843.0%(+1.6%)8845.9%(+4.6%)
ターンオーバー2012.5%(-1.7%)2611.8%(-2.5%)
その他3719.4%(+5.8%)2211.8%(-1.8%)


9勝から14勝と、一気に5勝も上積みしたSan Diego。データを見る限りでは、オフェンスの向上がチームの躍進を支えたようです。

オフェンスの順位は9位から2位へジャンプアップ。元々悪くないオフェンスが、完全に花開いたと言っていいでしょう。一番目立つのが、ターンオーバーの減少。相手にボールを渡さない確実な攻撃をすることが出来ました。

Defenseは大きな成長は見られませんでした。被タッチダウン率が上がり、ターンオーバー率は減少。全体的に低調だったといわざるを得ません。順位がいいのは、オフェンスのターンオーバーが少ないから。ディフェンス自体は何もよくなっていませんね。

こうやっていみると、やはりオフェンスの力が大きかった今シーズンのSan Diego。来シーズンは何としてでもディフェンスを良くしないといけません。一番の課題は、いかにターンオーバーを奪うか。相手のボールを奪って自慢のオフェンスにつなげる形を作っていかないといけないでしょう。


[2007.02.27(Tue) 11:12] ドライブデータTrackback(0) | Comments(0)
↑TOPへ

 ← 【NFL】チーム別ドライブ結果データ紹介 Kansas City Chiefs | TOP | 【NFL】チーム別ドライブ結果データ紹介 Arizona Cardinals

COMMENT

COMMENT POST















管理者にだけ表示

Trackback

この記事のURL:
http://bolts.blog44.fc2.com/tb.php/558-efbaac75
 ← 【NFL】チーム別ドライブ結果データ紹介 Kansas City Chiefs | TOP | 【NFL】チーム別ドライブ結果データ紹介 Arizona Cardinals

 ■CALENDAR  

 ■Category  

 ■Archive  

 ■Comment  

 ■Trackback  

 ■Search  

 ■RSS  

 ■LINK LIST  

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。