初めてお越しくださった皆様へ、管理人よりご挨拶がございます。
 ← 【NFL】チーム別ドライブ結果データ紹介 New York Giants | TOP | 【NFL】チーム別ドライブ結果データ紹介 Philadelphia Eagles

スポンサーサイト 

--年--月--日 (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--.--.--(--) --:--] スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
↑TOPへ

【NFL】チーム別ドライブ結果データ紹介 Dallas Cowboys 

2007年03月14日 ()
2006年シーズンドライブ結果紹介。Dallas Cowboysです。

Dallas総合オフェンスディフェンス
2005 (9-7)2.48(13)22.51(14)20.03(9)
2006 (9-7)4.62(9)29.49(4)24.87(21)

Dallas20052006
攻撃攻撃 195ドライブ攻撃 178ドライブ
タッチダウン3618.3%(+0.3%)4724.7%(+6.7%)
フィールドゴール2011.6%(-1.3%)2010.4%(-2.3%)
パント8243.5%(+2.1%)5631.2%(-10.1%)
ターンオーバー3114.2%(+0.0%)2817.3%(+2.9%)
その他2612.4%(-1.2%)2716.3%(+2.8%)
守備守備 191ドライブ守備 188ドライブ
タッチダウン3114.4%(-3.6%)3818.8%(+0.8%)
フィールドゴール219.9%(-3.0%)2212.3%(-0.4%)
パント9552.4%(+11.0%)7237.5%(-3.8%)
ターンオーバー2512.4%(-1.8%)3017.7%(+3.3%)
その他1910.9%(-2.7%)2613.7%(+0.2%)

昨シーズンと同じ9勝7敗という成績。しかしチームの特徴はがらりと変わっています。データを見ながら検証しましょう。

オフェンスは14位から4位と大きく向上しました。パントを大きく減らし、その分をタッチダウンにつなげています。得点力がかなり上がっていることがわかります。ターンオーバーの割合が増えているのがマイナスですが、全体で見れば確実に良くなっているのです。

逆にディフェンスは9位から21位と大幅にダウン。パントが減り、その分被タッチダウン・フィールドゴールが増える有様。ターンオーバーだけは良くなりましたが、全体的に悪くなっているのは明らかです。

2005年は守備の力で戦い、2006年は攻撃の力で戦いました。せっかくオフェンスを良くしたのに、ディフェンスが落ちてしまったという効率の悪いチーム作りだと捉えることも出来ます。新HCはディフェンスサイドのWade Phillips。守備を立て直すという方針は正しいでしょう。しかしまたオフェンスがだめになって締まったら、同じことの繰り返しです。シンデレラQB Romoの真価が問われるシーズンになりそうです。

[2007.03.14(Wed) 12:32] ドライブデータTrackback(0) | Comments(0)
↑TOPへ

 ← 【NFL】チーム別ドライブ結果データ紹介 New York Giants | TOP | 【NFL】チーム別ドライブ結果データ紹介 Philadelphia Eagles

COMMENT

COMMENT POST















管理者にだけ表示

Trackback

この記事のURL:
http://bolts.blog44.fc2.com/tb.php/586-47528c71
 ← 【NFL】チーム別ドライブ結果データ紹介 New York Giants | TOP | 【NFL】チーム別ドライブ結果データ紹介 Philadelphia Eagles

 ■CALENDAR  

 ■Category  

 ■Archive  

 ■Comment  

 ■Trackback  

 ■Search  

 ■RSS  

 ■LINK LIST  

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。