初めてお越しくださった皆様へ、管理人よりご挨拶がございます。
 ← Bloger's Picks 2007の見どころ | TOP | 【Chargers】Game Review Preseason Week4 vs 49ers

スポンサーサイト 

--年--月--日 (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--.--.--(--) --:--] スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
↑TOPへ

【Chargers】Super Bowl Championになる予定の人たち 

2007年09月03日 ()
おそらくどこよりも遅い最終ロスター情報。

いや待て。

プラクティススクワッド8人も含めてご紹介するつもりだったんだよ。

嘘です。

それでは、来年の2月3日、Arizonaの地で歓喜に輪を作るであろう選手たちを見ていきましょう。

QB(3)
17 Philip Rivers
7 Billy Volek
6 Charlie Whitehurst

予想通りの3人体制。Riversは昨年の活躍がFlukeで無いことを証明できるか。Volek、Whitehurstとバックアップも不安ではない。

RB(3)
21 LaDainian Tomlinson
33 Michael Turner
43 Darren Sproles

リーグを代表するRB Tomlinsonとリーグを代表するバックアップRB Turnerと万全の布陣。さらに、スピードで相手を切り裂くSprolesと死角は無い。

FB(2)
41 Lorenzo Neal
34 Andrew Pinnock

LTの走路を確実に作り出すNealが今年も健在。PinnockはRBとしても期待のかかる選手。ベテランNealのコンディションが重要。

WR(5)
83 Vincent Jackson
80 Malcom Floyd
84 Craig “Buster” Davis
81 Kassim Osgood
88 Eric Parker(負傷中)

今年のブレーク候補がJackson。期待通りの活躍をプレシーズンでも見せてくれた。Floydがビックプレーメーカー。ルーキーBuster Davisは今までのChargersに無かったスピードを武器に戦う。スペシャルチームのリーダーOsgoodに負傷中のParkerという体制。当たれば大きいが外れると少し不安なポジション。

TE(4)
85 Antonio Gates
86 Brandon Manumaleuna
40 Legedu Naanee
87 Scott Chandler

ご存知Gatesは相手ディフェンスの脅威に。Manumaleunaは強力なブロックに加えて短いパスの重要なターゲット。WRもできるNaaneeとレシーブ力に長けたChandlerのルーキーコンビが厚みを加える。

C(2)
61 Nick Hardwick
65 Cory Withrow

今年も攻撃はHardwickから始まる。ルーキーイヤーからスターターを務める実力者。Withrowも堅実なバックアップ。

G(3)
68 Kris Dielman
79 Mike Goff
63 Scott Mruczkowski

チームに戻ってきたラインの中心的選手Dielman。コンビを組むGoffはスピードは落ちてきたものの、テクニックは素晴らしい。そして面白名前、ムズムズスキーがそのインパクトで相手を翻弄する。

T(4)
73 Marcus McNeill
70 Shane Olivea
66 Jeromey Clary
72 Roman Oben

昨年の影のMVPはブラインドサイドを守るMcNeill。今年もRiversを確実に守れるか。OliveaはGへの転向もささやかれるが今年もRTでスタート。確実に力をつけてきたClaryと、怪我からの復帰を目指すObenがバックアップ。

NT(3)
76 Jamal Williams
91 Brandon McKinney
97 Ryon Bingham

LBの動きを助けるWilliamsの力はチームにとって大きな存在。後ろに控えるMcKinney、Binghamの力が落ちるだけに、Williamnsの怪我だけは防がなくてはいけない。

DE(3)
99 Igor Olshansky
93 Luis Castillo
74 Jacques Cesaire

Olshanskyは怪我で出遅れ。状態が少し心配。Castilloはあまり目立たないが素晴らしい選手。スピードで相手を切り裂く。Cesaireも十分にスターターの力がある。

ILB(5)
54 Stephen Cooper
57 Matt Wilhelm
53 Anthony Waters
51 Tim Dobbins
59 Brandon Siler

昨シーズンのスターターが二人とも抜けたポジション。Cooper、Wilhelmがスターターだが、どれだけの働きができるか。2年目のDobbinsとルーキーWaters、Silerの出来も大きな鍵となりそう。

OLB(4)
95 Shaun Phillips
56 Shawne Merriman
92 Marques Harris
52 Carlos Polk

中に比べて外は万全。Phillips、Merrimanの二人のショーンがサックを連発。Harris、Polkも力は十分でかなり強力なユニットとなる。

CB(4)
23 Quentin Jammer
29 Drayton Florence
24 Cletis Gordon
31 Antonio Cromartie
28 Steve Gregory
25 Paul Oliver

6人もロスターに残るというのは、いい選手が多すぎて切れないのか、どんぐりの背比べなのか。Jammer先生は昨シーズンは無難なプレーを見せた。真価が問われる今シーズン。Florenceは勝負の年。Gordon、Cromartieは飛躍が期待される。Gregoryはセーフティも出来るという理由でのロスター入り。サプリメンタルドラフトのOliverも力は十分。経験を積めば面白い存在に。

S(3)
42 Clinton Hart
20 Marlon McCree
32 Eric Weddle

たった3人の登録。今シーズンからスターターとなるHart。プレシーズンでは好調だったが、シーズンを通して活躍できるか。McCreeは去年のプレーオフでの失敗を取り戻す活躍をしなくてはいけない。ルーキーWeddleは相当期待される選手。シーズン中のスターター昇格も十分に考えられる。

SP(3)
P 5 Mike Scifres
K 10 Nate Kaeding
LS 50 David Binn

滞空時間が長い上に狙ったところに正確に落とす技術を持つScifresがチームのディフェンスを助ける。Kaedingは勝負弱い印象が拭えないが、安定感は抜群。課題であるキックオフの飛距離も伸びてきている。ロングスナッパーのBinnは今年もスペシャルチームを助ける。

Practice Squad(8)
RB Eldra Buckley
OT Tony Pape
DT Louis Leonard
DE Andre Coleman
DE Keith Grennan
LB Nick Roach
LB Jyles Tucker
S Tra Battle

LBの二人はロスター入りもあると言われていた選手。ウェイバーを抜けてPSに登録できたのは良かった。Buckleyは来年確実にチャンスが来る。

[2007.09.03(Mon) 11:41] ChargersTrackback(0) | Comments(0)
↑TOPへ

 ← Bloger's Picks 2007の見どころ | TOP | 【Chargers】Game Review Preseason Week4 vs 49ers

COMMENT

COMMENT POST















管理者にだけ表示

Trackback

この記事のURL:
http://bolts.blog44.fc2.com/tb.php/662-5d5445e2
 ← Bloger's Picks 2007の見どころ | TOP | 【Chargers】Game Review Preseason Week4 vs 49ers

 ■CALENDAR  

 ■Category  

 ■Archive  

 ■Comment  

 ■Trackback  

 ■Search  

 ■RSS  

 ■LINK LIST  

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。