初めてお越しくださった皆様へ、管理人よりご挨拶がございます。
 ← Bloger's Picks Week5 | TOP | 生観戦中のつぶやき

スポンサーサイト 

--年--月--日 (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--.--.--(--) --:--] スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
↑TOPへ

【Chargers】Game Review Week5 vs Denver 

2007年10月09日 ()

 
DENSD
341
シーズンハジマタ \(^o^)/ 
1234OT
DEN03000
SD14614741
 
最後までご観戦いただきDOWNTO GOBALL ON
誠にありがとうございました312SD 40
 


やればできるとはこういうことか。今シーズン初のTV生中継にあわせたかのように、「俺たち、やればできるんだ。」とアピールしたChargers。

-------------------------------------------------
■オフェンス

ついに成し遂げたターンオーバーゼロの試合。Previewで書いたとおりオフェンスはどんどん進み、終わってみれば484ヤードを獲得。怪我人多すぎのDenverディフェンスを文字通りずたずたに切り裂きました。

パスプロテクションがここまで持っていたのは5試合目にして初めてか。そして、多少危ない場面でもQB Philip Riversはうまく危機回避をしていました。これまでは無理をしてターンオーバーとか、相手に全く気がつかずにファンブルとかが目立っていたが、展開が良いとこんなものなのでしょう。

ランオフェンスは前半良く進んでいました。オフェンスラインがようやくよくなってきたのでしょう。後半進まなかったのは、ラン見え見えの状況でDenverが前に人を集めるなかで、その通りランで突っ込んだから。ランが進みだすとこのチームはのっていけます。

前半効果的だったのが、RB LaDainian Tomlinsonへのスクリーンパス。いいタイミングでコールし、それがびしっと決まりましたね。良いオフェンスの構成でした。

そして、Previewで押しまくったRB 「ノーブじゃないよ、マイケル」 Turner。前半終了間際に14点差に追い上げられ少し嫌な雰囲気になりかねないところで、49ヤードのランでFGレンジに突入。見事3点を追加し流れを渡しませんでした。

そして、試合は決まっていたものの、第4クォーターには74ヤードのタッチダウンラン。サイドライン沿いを走りながら、途中でスピードを落としブロッカーを効果的に使う知的なプレー。彼もらしさが戻ってきましたよ。

問題はWR。結局キャッチしたのが、Vincent Jacksonただ一人。そのJacksonは、後半ここぞというところで素晴らしいキャッチを連発。これまた彼のいいところを生かした素晴らしいプレーでしたが、他は何をしとるんだ。ノーキャッチとはどういうことだ。WRへの選択肢が増えるとさらにプレーの幅が広がるはずですが、今後どのようになりますか。

-------------------------------------------------
■ディフェンス

良く守った。これしか言いようがないですが、それぐらい迫力不足のディフェンスです。失点が少ないのは、終盤、FGを狙えるところをギャンブルに行かざるをえなかったDenverオフェンスの事情があったからこそ。接戦であればもっと点は取られていたでしょう。

懸念のタックルミスは、この試合でもいくつかありました。大怪我にはつながりませんでしたが、心配の一つです。

そして一番不安なのが、パスラッシュが全く機能していないことです。昨年、あれだけ恐れられたパスラッシュが、今シーズンは全く迫力がないです。相手QBに時間を与えすぎ。それに加えて、弱くて仕方ないDBですから、パスが通って当たり前の状況です。

そして、これも開幕からそうなんですが、CBのマークが緩すぎる気がします。WRとの間が空きすぎているために、短めのパスはほぼフリー。キャッチ後のランをゼロに抑えることができればいいのですが、それもタックルが拙いためできていない。

ディフェンスに関しては、戦術から見直していかないと厳しい気がします。これだけ圧勝の試合でもそれを感じてしまう。圧勝だからこそのプリベントディフェンスというのもあるんでしょうが、やはり気になります。今後ディフェンスが足を引っ張らないことを願いたいです。

-------------------------------------------------
■スペシャルチーム

7点先制した後、なかなか追加点が奪えなくてリズムを掴めない。これが先週までのChargersでしたが、今週は違いました。先制直後のキックリターンで相手のファンブルを誘いそのままエンドゾーンまで持ち込みました。

Carlos Polkのタックルでファンブルを誘い、何度かお手玉があった後、ルーキーBrandon Silerが走りきりました。このプレーは大きかったですね。チームに勢いを与えました。

もう一つ、前半最後のFG。35ヤードを成功させたと思ったら、ホールディングをとられて蹴りなおし。FGトライでホールディングなんて聞いたこと無いぞ。10ヤード下がって45ヤードのキック。K Nate Kaedingが見事に決めました。これも大きかったです。これを外していたら流れは切れていたでしょう。

-------------------------------------------------
■勝利を決定的にしたドライブ

後半最初のドライブ。17点リードでChargersのオフェンス。ここでTDをとればほぼ勝利は決まりという中、あっという間に敵陣に侵入。しかしここから恒例の反則祭りで2ndダウン33ヤードという場面を作ってしまいます。ここでWR Vincent Jacksonへの45ヤードパスが炸裂するわけです。

このシーン。Jacksonについていたのが、LBのIan Gold。まっすぐに駆け上がるJacksonにLBがついていけるはずが有りませんでした。このドライブをTDに結びつけましたが、このプレーが大きな意味を持つことは疑いようがありません。

-------------------------------------------------
■AFC Westの惨状

今週試合が無かったOaklandが2勝2敗で地区首位。他3チームが2勝3敗で並びます。崖っぷちと思われたChargersですが、気がつけば全チームがほぼ並んだ状態。まさに、今シーズンが始まったわけですね。Wildcardは気にせず、とにかく地区優勝を狙っていきましょう。風はChargersに吹いているはずです。

[2007.10.09(Tue) 10:45] ChargersTrackback(0) | Comments(3)
↑TOPへ


COMMENT

by くろたん
パスラッシュが全然かかってないですね。
本当に全くかからない。オフェンスライン五人しかいない時でもメリメンを加えた四人ラッシュでもかからない。どうなってるんでしょうか?
不安です。ILBが違うとは言え、ラッシュをかけてる面子は同じなのに何が違うんでしょうか?

目指せ地区優勝! by ぽっぽ
いやー快勝でしたね。ロングパス通されてやばーーいときもファンブルで形勢逆転と要所でのデンバーのミスが大きかったですね。
パスラッシュはくろたんさんの指摘どうり、どうしたの?と言うくらい効いてませんね。
まあ、LBコーチは優秀なのでシーズンが深まるにつれて改善されるはずだからそれまで何とか耐えるしかないかもしれませんね。

by bolts
懸念のパスラッシュですが、現地紙によるとShawne MerrimanとShaun Phillipsが同時にブリッツに入る回数がかなり減っているそうです。特にShawne Merrimanはパスカバーに回る回数が増えているとの事。

選手は代わっていませんが、コーチが替わりスキームが変わりました。Ted Cottrellさんは「アグレッシブだよ」と言い切っており、スキームを変更する気は無いような素振りです。

選手の長所を生かすか、コーチの哲学に選手をはめるか。Chargersの場合、前任Wade Phillipsは前者であり、Ted Cottrellさんは後者なのかもしれません。

もしそうであれば、このままパスラッシュが向上することなくシーズンが進んでいくことになるでしょう。

現実的な対応としては、Denver戦のようにタックルミスを減らしキャッチ後に確実に止めることと、ここ一番でのターンオーバーに頼ること、これぐらいでしょう。

先週LTが言っていたように、昨年の事は忘れるべきです。いくら選手が変わらなくても、コーチが総入れ替えということは、チームカラーは多少は変わっていくと言うことなのでしょう。昨年のイメージを引きずりながらプレーをしていたら中途半端な結果にしかなりませんよね。

コメントを閉じる▲
 ← Bloger's Picks Week5 | TOP | 生観戦中のつぶやき

COMMENT

パスラッシュが全然かかってないですね。
本当に全くかからない。オフェンスライン五人しかいない時でもメリメンを加えた四人ラッシュでもかからない。どうなってるんでしょうか?
不安です。ILBが違うとは言え、ラッシュをかけてる面子は同じなのに何が違うんでしょうか?
[ 2007.10.09(Tue) 14:21] URL | くろたん #- | EDIT |

いやー快勝でしたね。ロングパス通されてやばーーいときもファンブルで形勢逆転と要所でのデンバーのミスが大きかったですね。
パスラッシュはくろたんさんの指摘どうり、どうしたの?と言うくらい効いてませんね。
まあ、LBコーチは優秀なのでシーズンが深まるにつれて改善されるはずだからそれまで何とか耐えるしかないかもしれませんね。
[ 2007.10.09(Tue) 23:04] URL | ぽっぽ #- | EDIT |

懸念のパスラッシュですが、現地紙によるとShawne MerrimanとShaun Phillipsが同時にブリッツに入る回数がかなり減っているそうです。特にShawne Merrimanはパスカバーに回る回数が増えているとの事。

選手は代わっていませんが、コーチが替わりスキームが変わりました。Ted Cottrellさんは「アグレッシブだよ」と言い切っており、スキームを変更する気は無いような素振りです。

選手の長所を生かすか、コーチの哲学に選手をはめるか。Chargersの場合、前任Wade Phillipsは前者であり、Ted Cottrellさんは後者なのかもしれません。

もしそうであれば、このままパスラッシュが向上することなくシーズンが進んでいくことになるでしょう。

現実的な対応としては、Denver戦のようにタックルミスを減らしキャッチ後に確実に止めることと、ここ一番でのターンオーバーに頼ること、これぐらいでしょう。

先週LTが言っていたように、昨年の事は忘れるべきです。いくら選手が変わらなくても、コーチが総入れ替えということは、チームカラーは多少は変わっていくと言うことなのでしょう。昨年のイメージを引きずりながらプレーをしていたら中途半端な結果にしかなりませんよね。
[ 2007.10.10(Wed) 11:42] URL | bolts #- | EDIT |

COMMENT POST















管理者にだけ表示

Trackback

この記事のURL:
http://bolts.blog44.fc2.com/tb.php/697-c2f1057c
 ← Bloger's Picks Week5 | TOP | 生観戦中のつぶやき

 ■CALENDAR  

 ■Category  

 ■Archive  

 ■Comment  

 ■Trackback  

 ■Search  

 ■RSS  

 ■LINK LIST  

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。